友人の発表を見に勉強会に参加

スポンサーリンク


先日久しぶりに近県の同級生たちの集まりに行ってきました。うちの大学の生徒たちは、とくにどこの地域の人が多いということもなく、どの学年も全国各地から集まって来ていることが多い大学です。卒業後も地元に戻った人もいれば、製薬会社の開発研究部門に就職して関東にいる人もたくさんいるような感じです。

なので東京または大阪京都にいる人はわりといるのですが、名古屋近辺にいる人はけっこう少ないのが寂しいところです。飲み会を開いてもとてもこじんまりとしています。

友人の発表を見に勉強会に参加

三重県病院薬剤師会の研究会参加

友人の発表を見に研究会に参加

その中の1人三重県の病院の薬剤部で働いている友達が、今度小さな研究会で発表するというのを聞いて、私ともう1人の友達で行ってみることにしました。三重県内のあちこちから、薬剤師だけでなく、看護師、リハビリ系の人たちも参加するって聞いたので、こっそり県外者が行っても大丈夫かなと思って・・・^^;

私自身、こういう勉強会には今まで2回しか参加したことがありません。1度目は隣のクリニックの先生が講演された医師会の勉強会、2度目はそのクリニックの栄養士さんが、患者さんへの栄養指導の内容についてを「当院での取り組み」という形で発表したときに、応援のような形でクリニックの皆さんと一緒に見に行ったものです。

意外と大規模でびっくり

今回のはメーカーさんも絡んでいるようで、他にも看護協会やシールのもらえる日本薬剤師研修センターや三重県病院薬剤師会も後援やら共催やらのところに記載されているような研究会でした。

参加者は想像よりもだいぶ多くてちょっとびっくり、特別講演のあたりからは席が足りなくなっていたようでメーカーさんがイスを運んできたりしていてなんだか大変そうでした。

今まで参加した2回はいわば友情参加のような感じでしたが、この会を見に来て、みんなしっかり日々勉強しているのだなとしみじみ感じました。私なんてこの会ですら、友達の発表を見に来たひやかしみたいなものなのに。

研修シールを入手

そんな友達の発表は、いくつかのうちの1つで10分ほどのものでしたが、とてもしっかりしたもので会場からの質問もうけている姿は同級生とは思えなかったほどです。

入場の記帳の際に薬剤師のところに印をすると、「三重県病院薬剤師会の単位認定証や研修センターのシールはいりますか?」と聞いてくれました。シールは以前集めていたので知っていますが、病院のほうは別に三重県病院薬剤師会が発行しているのかな?そういう単位を記載した紙を集めなければならないのですね。シールは一応もらいましたが、そっちはとっさに言われても理解できず、もらってみたはいいものの、きっと私には必要ないというか使い道のないもののようですね。

シールは集めたほうがいいとは思うのですが、なかなか進んでいないのが現状です^^;

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ