薬剤師の転職理由 産休制度は要チェック!

スポンサーリンク

薬剤師の転職理由と産休制度

薬剤師の転職理由 産休制度は要チェック!

先日、前の店舗で一緒だった女性の先輩薬剤師が出産されました!出産祝いを選ぶのってとっても楽しいですよね。あれもかわいいし、これもかわいいしで今日は休憩時間ほぼ全部をお祝い探しのネットショップ巡りに費やしてしまいました^^;

産休制度は切実な問題

時代なのでしょうか?私の周りの友人には産休とって、出産して、1年経つか経たないかで保育園に預けて職場復帰するという、いわゆるワーキングマザーが本当に多いです。
東京の製薬会社で開発だか研究だかしている友人なんて、2人の子を保育園に預けて都心まで電車通勤しているっていうから感心してしまいます。私なんて車で15分以内の薬局に行くにも朝ギリギリになってる、なんてとても言えません・・・。

そんな友人たちの話を聞いていると、どこの会社も今どきは産休とか育休の制度がしっかりしているようですが、うちの調剤薬局はさっぱりです。今回の先輩がなんと社内で初めての産休・育休取得者になるんです。

転職理由

薬剤師の転職理由・産休制度
調剤薬局のチェーン店でもそういう制度がしっかりしていて、取得している人が多いところもきっとありますよね。

実際薬剤師の友人の1人も産休育休がきちんと取れるところというのを大きな転職理由にして転職活動していました。
私はというと、この会社産休制度はどうなんだろう?と初めて疑問に思ったのは、転職してきてしばらく経ってからでした。昔からいる事務さんに聞いてみたところ、今までも働いているときに妊娠した人は事務も薬剤師もいたけれど、暗黙の了解のように出産前に退職してしまっていたんだとか。

私にだってそれなりにいろいろ転職理由はあったけど、ちゃんと先のことまで考えて薬局を選ぶべきだったなーと実はちょっと後悔していました。

産休取得者の前例が重要

でも、今回先輩が前例を作ってくれることになったわけです!かなりありがたい!一緒に働いていたときは、この会社今のところそういう前例がないから、妊娠してもどうなるかわからないんだよね、と先輩も不安そうだったのですが、社長の了承が得られたようで無事産休・育休という形で休職させてもらえたようです。

先輩も1年とかで復帰なのかな?そうなったらそのときは今みたいにフルでは働けないしパートになるのかな?でも復帰ということはやはり正社員なのかな?なんだか今後先輩がどのように復帰し、どのような形で働くことになるのかに興味津々です。

とりあえず、これで私が『産休とかの制度がしっかりしているところ』というのを転職理由として活動しなきゃいけなくなることはなくなりましたね。よかった♪

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ