スギ薬局で薬購入 | ドラッグストアの薬剤師は大変!?

スポンサーリンク


今日はプリンターに紙が詰まって詰まって、もう大変でした…。

さほど患者さんが多いわけではなかったのですが、たまたま数人重なって来局されたときに限って紙が詰まるのでホント困ります^^;

A5の紙はA4サイズを事務さんが半分に切って使っているのですが、それが原因かも?夏の湿度も関係してるのかもしれませんね。

スギ薬局で薬購入 | ドラッグストアの薬剤師は大変!?

スギ薬局で薬購入!ドラッグストアの薬剤師は大変

市販薬を買いにスギ薬局へ

それはそうと、今日は仕事後に自宅近くのスギ薬局に寄ってきました。なんでも姉の4歳になる子供が歯が痛いと言っているようで。

もう歯医者は診療時間を終えているから、市販の薬でなんとかならない?と連絡が入っていました。私は調剤薬局しか経験したことがないので、市販薬については聞かれても正直さっぱりわからないんですよね。実際に手にとって成分を見たらある程度はわかるとは思うのですが・・・ というか薬剤師なんだから成分を見たらわかって当然なんだとは思いますが、ちょっと自信はないです^^;

スギ薬局で小児用の薬のコーナーを見てみるものの、わかるような、わからないような・・・よくわからないし、時間もないしと思い、ド素人のふりして薬剤師さんに聞いてみることにしました。「小さな子供でも使える痛み止めってありますか?」我ながら薬剤師なのに薬剤師に質問して、なんとも恥ずかしい状況です。

ドラッグストアの薬剤師は大変(?)

スギ薬局の薬剤師さん、子供の年齢と歯の痛みというのを聞いた上で、すぐに答えてくれました。「3歳から小児用バファリンを使うことができます。もう少し大きくなれば新セデスなんかも歯の痛みに対応していますよ」。

ちゃんと小児用の薬の年齢も把握しているんだな~とちょっと感心してしまいました。私のような調剤薬局の薬剤師のもとには、一応医師の診察を受けた上で来局される患者さんばかりなので、みなさんそれなりに医師から病状について説明を受けています。

調剤薬局であれば患者さんは「あとは薬をもらうだけ」という状況なので、自分の病状などを強く訴えてくる方はあまりいません。しかし、ドラッグストアだと、その場で病状を説明してその症状に合った薬を教えてもらおうと来店される患者さんが多そうなので、その意味ではかなり大変な仕事かも?と思ってしまいました。

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ