管理薬剤師の求人

スポンサーリンク

管理薬剤師の求人

管理薬剤師の求人

ベテランの管理薬剤師さんが退職…

来月末で1人管理薬剤師の先生が退職されることになりました。
以前1年ほど下について一緒に働いたことがある先生で、最近でもバーベキューや忘年会などのイベントではいろいろ話したりもしていたのでさみしいです。昨年末ちょっと病気もされたからか、体力的に…とのことですが、もう63歳。私と同じ年の息子さんがいて、孫も生まれたばかりとのことなので、そろそろゆっくりされてもいい頃かもしれませんね。

総合病院で30年以上もの病院薬剤師をされたのちに、うちの薬局への転職、数年間の管理薬剤師、もう十分すぎるくらいですよね。病院出身なので昔の薬のことから、マイナーな薬のことまで薬の知識量がものすごいです。一緒に働けるのは期間限定だったので、今の間に!とたくさんのことを教えてもらいました♪

新しい管理薬剤師の求人

一人薬剤師が抜けた分、とりあえず管理薬剤師と一般薬剤師の両方の求人を出すことになりそうです。管理薬剤師の求人に応募があれば嬉しいし、一般薬剤師の方であれば、今いる薬剤師さんが管理薬剤師になるかもなんだとか。
求人を出しても、なんとも応募が少ない地域なので、うまく見つかればいいのですが…^^;

一般薬剤師のほうが応募は来やすいのでしょうか?管理薬剤師のほうが給料は高いから、こっちのほうが求人も目にとまりやすいのでしょうか?どちらにせよ、安心して最終出社を迎えられるよう、早くいい人が見つかってほしいものです。

私は何年働くのだろう?

それにしても、63歳まで働くとなると、新卒の頃からの約40年になりますよね。今からあと30年も今の仕事を続けるなんて・・・全く想像できません。今までの生きてきた期間ほどの長い時間をここからこの職業として過ごすだなんて!

薬剤師の場合は同じ仕事をするだけだけど、転職して母体となる会社を変えて気分を一新!ということができそうで、個人的には興味津々です^^;

薬剤師の転職市場は非常に盛り上がっていて、求人数も非常に多いようです。
「子育て」「家事を両立させたい」薬剤師求人をご紹介

最近は働く女性もとても多いけど、私はいったいいつまで、あと何年働き続けるのだろう?としみじみ思います。

数十年後、調剤薬局はちゃんと残って機能しているのでしょうか?全部機械化で自動調剤、情報は全部ネットで各自確認なんかになっていて薬剤師なんて職業は消えてるかもしれませんね!?そんなときでも廃業してしまわないように、何か薬剤師だけではないスキルを身につけておく必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ