製薬会社の管理薬剤師 | 仕事内容のイメージとギャップ

スポンサーリンク

製薬会社の管理薬剤師 | 仕事内容のイメージとギャップ

製薬会社の管理薬剤師の仕事内容のイメージ

どちらも管理薬剤師だけど・・・

製薬会社で管理薬剤師をしていた友達から、再び調剤薬局に転職したと連絡がありました。

仕事がイメージしていたものと違ったそうで、やっぱり患者さんやたくさんの薬と触れ合っている調剤薬局の現場のほうが自分には合っているから、と調剤薬局に戻ることにしたんだとか。

製薬会社の薬剤師のイメージ

もともと新卒から調剤薬局チェーンで薬剤師として働いていた彼女、友達の中でも人一倍向上心が高くバイタリティにあふれる子なんです。私はもともと製薬会社出身なので、少なくともうちの会社の管理薬剤師の仕事内容は知っていたので、その子が大手の製薬会社で働いてみたい!と数年前に転職活動をしているときにアドバイスもしていました。

製薬会社で管理薬剤師として働くって、友達もそうですが、薬学的な知識なんかを伝える(教える)ような立場の仕事とイメージしている人も多いと思うんです。

でも実際そういう薬に関しての詳しい知識や情報を提供するのは学術という職種の人が担っている場合が多いです。もちろん薬剤師の資格を持っている学術さんもいるとは思いますが、そうではない学術さんのほうが多いのではないかという印象です。

実際はどのような仕事が多いのか

では製薬会社の管理薬剤師はどんな仕事をしているかというと、オフィスにある製剤見本の管理をすることが一番の仕事です。製薬見本というのは、成分もきちんと入った本物の薬ですが、薬の外観などを確認するための見本として使うものです。

製薬会社の管理薬剤師の仕事内容

私のいた会社では、管理薬剤師は事務を兼ねていたので製剤見本の管理以外は営業上のデータをまとめる手伝いをしたり、他のオフィスへの資材を発送する準備をしたり、電話対応をしたりしていました。

学術的なことは一切せず、あくまで事務の1人としての仕事内容です。他の会社のMRさんはオフィスにただ1人の薬剤師資格保有者なので、管理薬剤師を兼務していると言っていました。

「イメージ」で製薬会社の管理薬剤師を目指している人へ

調剤薬局の管理薬剤師の立場や仕事内容なんかをイメージしたまま、製薬会社の管理薬剤師になると、想像と全然違うと思います

なんとなく管理薬剤師という肩書きに惹かれて転職を検討している人には、ちょっと待って!と言ってあげたいです。
そして、製薬会社で薬学的な知識などを使っていきたいなら、もちろんMRでもかまいませんが学術という募集を探すべきです。そっちであれば製品についてや関係する薬を深く掘り下げて学んだり、最新の知識なども得ることができますよ!^^

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ