管理薬剤師とは | 調剤薬局の薬剤師の仕事内容

スポンサーリンク


前回、製薬会社の管理薬剤師というのは、調剤薬局の管理薬剤師とは仕事内容が全く違うという話を書きました。

今回は調剤薬局の管理薬剤師は何をしているのかについてまとめてみたいと思います。

管理薬剤師とは | 調剤薬局の薬剤師の仕事内容

管理薬剤師とは | 調剤薬局の薬剤師の仕事内容

管理薬剤師とは?

薬剤師の中には、管理薬剤師になることを目標としている人もいますが、管理薬剤師になるためには特別な条件はありません。

薬剤師であること以外にはとくに資格がいるわけでもありません。実務経験が3年以上あったほうがよいとも言われていますが、私自身は調剤を全く未経験にも関わらず、管理薬剤師として調剤薬局に転職したので、実務経験がなくても全く不可ではないと思います。というか、実際なんとかなりました。

管理薬剤師は、自分以外の薬剤師や事務さんなど従業員が、患者さんへの対応も含め、きちんと法令を守って業務をしているかどうかを監督したり、店舗の医薬品を管理することが大きな仕事です。

医薬品の管理だなんて、薬局なんだから当たり前ではあるのですが、管理薬剤師は薬をそれぞれ然るべきところに区別して保管し、有効期限切れの薬を渡してしまうことのないようにしなくてはなりません。

有効期限の管理に追われます

有効期限が切れる前に使い切ればいいじゃない、と思うかもしれませんが、これがなかなか難しいんです(´;ω;`)

調剤薬局の薬剤師の仕事内容とは


たくさんの患者さんの中でもAさんだけにずっと処方されていた○○という薬、ずっと処方されているから当然在庫を切らさないように常備してあります。
でも、このAさんの症状が悪化し総合病院に入院し、退院して戻ってくると○○薬から最近発売された△△という薬に変更になっていたりします。するともう○○薬には戻ることはなく、開封済みの○○薬は返品することもできずたくさん残ってしまうのです・・・。

他の薬に変わることもあれば、亡くなったり引っ越しだったりでその患者さん自体が来局されなくなったりと、いろいろな状況から不動在庫は生まれます。

系列店で採用していたらそっちで使ってもらうこともできますが、身近な薬局はどこも採用していない場合は、完全に待ちです。

ほとんどの医薬品は処方せんによる医師からの指示がないと渡すことができません。
だからこの場合は○○薬が載った処方せんが来ない限りは、この薬を使うことはできないのです。

使わなければこの薬は最終的には破棄となり、経営的にも損失となるので、これをいかに管理して、使わずに破棄する薬を少なくするかも管理薬剤師の仕事ですね(^^;)

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ