薬剤師の人手不足と残業

スポンサーリンク

薬剤師の人手不足と残業

薬剤師の人手不足と残業

耳鼻科の門前薬局の管理薬剤師さんがインフルエンザに罹ってしまいました。熱も39度以上あるということで、朝来たものの早退することになったそうで、急遽そこの店舗に応援に行くことになりました。午前はパートさんがいるのでなんとかなるのですが、午後はもともとインフルエンザの薬剤師さんともう1人の2人体制でシフトを組んでいたので、1人がいなくなると大変です。

人手不足でなかなか休みにくい

どこの薬局でもそうなのか、人数が少ないうちの薬局特有なのかはわかりませんが、風邪でもよっぽどひどくならないと休むことはできません。お隣のクリニックで点滴を打ってもらって、そのまま働くなんてこともよくあります。

うちは基本的には薬剤師は2人体制なので、どちらかがいなくなるということは、1人で全部をやりきらないといけなくなってしまいます。それを考えると調子悪いから早退するねということはなかなか言えないものです。実際は帰ってしまっても意外となんとかなるものなんですけどね^^;

大量の来店

午前中もそれなりに患者さんが来ましたが、午後もそれはもうたくさんの方が来店されました(;´Д`)

16時から診療開始でまずは小学校低学年までくらいの子、そして部活終わりの高学年、中高生、そして18時頃からはスーツ姿のサラリーマンまでがぞくぞくと。所詮花粉症の抗アレルギー薬と点鼻薬と目薬というシンプルな処方内容なので、たくさん来店されても意外とさくさく回るのですが、大変なのは途中で書く間のない薬歴が大量にたまることです!明日も働く店舗なら多少残しておいても大丈夫なのですが、ヘルプで来ているからにはその日中に終わらせたいものです。

久しぶりの残業

うちの薬局は社長の方針で基本的には残業はしないとされているのですが、さすがに今日は残業しましたよ。だらだらやって残業代を稼ぐなんてことはできないので猛スピードで終わらせましたが。たくさん投薬し、残業までしてその日中にすべての薬歴を書き終え、とってもよく働いた感でいっぱいです♪

過去に勤務時間中に薬歴をほとんど書かずに、おしゃべりを含め他のことばかりしていて、仕事が終わってから残業代を発生させる形で薬歴を書くという薬剤師さんがいたそうで、その時代からうちの薬剤師の残業代はあらかじめ組み込まれてしまったんですって。うちの仕組みは納得だし、基本残業しないでという雰囲気の職場でありがたいとすら思ってるくらいだけど、他の薬局はどうなんでしょうね?

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ